Investors コラム no.60 「親が貧しい子」は勉強でどれだけ不利なのか

Investors コラム no.60 「親が貧しい子」は勉強でどれだけ不利なのか

「親が貧しい子」は勉強でどれだけ不利なのか

親が経済的に豊かであれば、子供により良い教育を選択してあげることができる。

塾や習い事、そしてさまざまな経験をさせてあげられます。

 

ユダヤの格言です。

【人が生きている限り、奪うことができないものがある。それは知識である。】

 

と、いうのは皆さんも理解の出来るお話かと思います。ですが、誰が言うのかでその重みも変わってくることだと思います。

 

 

ただ、お金だけ与えるだけではきっとその教育は上手くいかないと僕は思います。

 

僕の教育論は自分がどのように成長していきたいのか、その考え方を教える事だと思います。

 

だから親が裕福であっても、肝心の本人が考え方を知らなければ、自分の人生を決められなければ、その教育は全て無駄になると思います。

 

確かにそれは有利かもしれませんが、例えば塾にしたって今はYouTube見れば塾講師よりも遥かに頭のいい先生がしっかり解説をしてくれる動画もupされているし、動画で分からなければブログを読めばいい。最近ならアプリで学習する事も出来ますよね。

 

例えば日本は世界第3位の経済大国で豊かな国でありながら、貧困率は今16%を超えている。

7人に1人の割合が月に10万円程度で暮らしているという事です、本当非常に苦しい生活だと思う。

 

でもインターネットに触れる事は可能でしょう。

 

インターネットには無限の可能性があるのは皆さんもうお分かりでしょう。これが現れてから世の中のありとあらゆるコストが安くなっていってます。

 

当然の流れですよね。

 

昔みたいに家計を気にして子供が塾に行きたいと言い出せないとかそういう時代じゃないし、親だって塾に行かせるのではなくて沢山の情報に触れてこいと伸び伸びとした教育をする事ができるだろう。

 

僕は小学生の頃、進研ゼミをやってました。

勉強は1日30分、学校の授業よりも短いけれど、何時間も塾で勉強しているクラスメイトよりも勉強が出来た。だから、高いお金を払って塾に行くことが出来れば頭が良くなるわけではないんだなと子供ながらに気付けたのはよかった。

 

僕も「親が貧乏」な家庭だったけれど勉強する事が好きだなとその頃から思っていたしね。

勉強が好きになったきっかけは「信長の野望」という渋いチョイスでしたがw

 

僕の友達も「親が貧乏」なやつは沢山いますけど割と真面目に勉強している奴が多いですね。

 

だからまずは親も子供もお金とか塾とかそういう問題じゃなくてまずはひたすら学ぶというマインドセットをする事から始まると俺は思うな。

 

まぁでも社会人に言いたいのは学びながら稼げってことだなぁ。うんまず稼いだ方がいいよ社会人は。

 

年収は通知表だから、自分の価値を示してるという事で、やっぱりハイステータスな人はそれなりに仕事をしているし、だからこそ選択肢は人よりも多くてチャンスを手に入れやすいというかそれをカタチとして残す為の労力がお金が無い人よりも小さくて済むよね。

 

1年間で30万円かけて学びそれからお金を稼いでいくパターンと、その1年が既にシステム化されておりそれは50万円で購入できる。

 

初期費用的には後者が損してるけれど、時間的には後者が圧倒的にお得。ということはつまり最終的な金銭的なメリットで言っても後者の方がお得だと言えるでしょうね。

 

親が貧乏って話からここまでかなり飛んできたけれど、今日そんな話をしたかったのには理由があって今朝友達から子供が出来たというラインがきてました。それからもし自分が親になったらのことを考えました。

 

子供には親が裕福だろうが貧乏だろうが関係無い、親の役目は今まで生きてきた経験から勉強の仕方を教えてあげることかなって思う。

 

生まれてきた瞬間のステータスで人生決まってたらたまったもんじゃねえ。

 

それがもし誰かにどうにもならねえ事もあるんだって言われたら、そんなどうにもならねえ事を覆すのが人生だろうってね。

 

ま、でも貧乏よりは裕福でいたいのは間違いない。だから今日も金を稼げ

Investors コラムカテゴリの最新記事